WEBスクール

WEBデザイナーのメリットとデメリット5つ|年収と仕事内容も

悩んでる人
手に職をつけたいと思っていて、WEBデザイナーの仕事がどうかなと思っています。詳しい仕事内容とWEBデザイナーになるメリットとデメリットを教えてください。

 

こんなお悩みを解決します。

 

この記事はこんな人におすすめ

 

 

今からWEBデザイナーを目指す場合に知っておくべきことを詳しく調べました。

 

この記事の結論

結論から先に言うと、

  • スキルをつければ未経験からチャレンジできる
  • WEBデザイナーは将来のキャリアパスが豊富
  • 時間や場所にとらわれない自由な働き方ができる
  • 自身のスキル次第で報酬が上がる
  • 勉強を継続できる人、ものづくりが好きな人におすすめ

です。

 

簡単に解説していきますね。
コハル

 

 

WEBデザイナーのメリットとデメリット5つ

WEBデザイナーのメリットとデメリットを5つずつ調査しました。

 

メリット

まずはメリットを5つ解説します。

  • スキルがあれば未経験でも始められる
  • ものづくりに携われる
  • 場所や時間にとらわれず自由に働ける
  • キャリアパスが豊富
  • クライアントの課題解決に貢献できる

 

ひとつずつ見ていきましょう。
コハル

 

スキルがあれば未経験でも始められる

「未経験可」の求人も多く、最低限のスキルがあれば未経験でも十分に採用されます。

WEBデザイナーになるための学歴や資格は一切必要ありません。

ハローワークの職業訓練校なら無料ですし、最近は低価格で評判のいいオンラインスクールも多いので、チャレンジしやすい環境が整っています。

 

ものづくりに携われる

WEBデザイナーはイメージからモノを作り出す仕事です。

自分のスキルを使ってクライアントの課題を解決できた時、自分の作ったモノが公開された時は報酬以上のやりがいを感じられます。

元々ものづくりが好き、ものづくりに興味がある人にとっては天職と言えます。

 

場所や時間にとらわれず自由に働ける

パソコン1台あれば仕事ができるので、自分の好きな場所・好きな時間で仕事することができます。

フリーランスなら何時から何時まで、という縛りもありません。

お気に入りのカフェで作業するのもよし、ワーケーションするのもよしです。

家庭の事情がある方や海外移住や留学を考えている方にもおすすめです。

 

キャリアパスが豊富

WEBデザイナーのキャリアパスは幅広く、WEBデザイナーとして実績を積んだ後は自分に合った選択をすることができます。

上位職であるWEBディレクターやWEBマーケであれば年収アップが見込めますし、専門性を磨きたいならUXデザイナーやサービスディレクターを目指してもいいでしょう。

アートやデザインに興味があるなら、アートディレクターに転身するのもアリです。

 

クライアントの課題解決に貢献できる

WEBデザイナーの仕事はクライアントの課題解決に直結しているため、やりがいを感じやすいです。

クライアントから「xxさんのデザインにしてから成果が上がった」と報告を受けることもあるのです。

デザインには正解・不正解がありませんが、自身のスキルが役に立ったことが証明された時は大きな達成感を感じられます。

 

コスト削減の要素が強いITインフラよりも、売上アップを考えるWEB系のほうが華やかさがありますね。
コハル

 

デメリット

次にデメリットを5つ解説します。

  • 緊急の修正依頼がくる
  • 初心者はライバルが多い
  • トレンドと技術進化スピードが早く、勉強を継続する必要がある
  • スキルが上がるまで給料が上がらない
  • 労働集約型なので手を動かさないといけない

 

ひとつずつ見ていきましょう。
コハル

 

緊急の修正依頼がくる

納期間近になると緊急の修正依頼が飛んでくることもあり「WEBデザイナーはつらい」と感じるかもしれません。

WEBデザイナーだけじゃなく制作業界にはクライアントからの修正依頼は避けられませんが、クライアントの要望をすべて聞いているとデザイナーの心身がすり減ります。

日ごろからコミュニケーションをしっかり取ったり、修正分を見積もりに反映させるなどの対策が必要です。

 

初心者はライバルが多い

最近は副業解禁の流れからWEBデザイナーにも注目が集まっていて、オンラインで学べるスクールが増え、数年前よりも格段に学びやすくなりました。

その影響で未経験・初心者のWEBデザイナーが増加傾向にあり、ライバルが増えています。

マーケティングやSEOなどプラスアルファのスキルを付けて差別化することが求められます。

 

トレンドと技術進化が早く、勉強を継続する必要がある

IT業界全般に言えることですがトレンドや技術進化のスピードが早いため、学び続けないといけません。

特にデザインのトレンドを抑えることはクライアントの売上にも影響がでます。

好奇心を持って知識をアップデートしていく必要があります。

 

スキルがつくまで給料が上がらない

勤める企業によっては残業が多く、長時間労働になってしまいます。

それがIT土方と呼ばれてしまう原因です。

将来のキャリアパス含めきちんとキャリア設計した上で会社・働き方を選ぶことが大切です。

 

労働集約型なので手を動かさないといけない

WEBデザイナーは労働の対価として報酬が受け取れる労働集約型のビジネスです。

いくらベテランのWEBデザイナーになっても、手を動かさない限り収入を得ることができません。

労働集約型ビジネスから抜け出すには、WEBデザイナーとして得たスキルで自身のサービスを立ち上げたり、作業の一部を外注するなどの工夫が必要です。

 

WEBデザイナーは将来のキャリアパスと働き方が豊富なところが最大のメリットです。「IT土方はやめておけ」というアドバイスもありますが、きちんとキャリア設計をして仕事を選んでいけば大丈夫です。

 

WEBデザイナーの仕事内容

クライアントの要件に合ったWEBサイトを制作する仕事です。

今は個人が簡単にサイトが作れるようになりましたが、企業サイトは商業活動のためにサイト設計を綿密にしないといけません。

そこで活躍するのがWEBデザイナーです。

デザイナーというと「センスが必要なのでは?」と思うかもしれませんが、WEBデザインの目的はアートではありません。

スタイリッシュなデザインよりもクライアントのイメージに合う配色、ユーザーが使いやすいロゴやアイコンにすることが求められます。

 

WEBデザイナーの仕事の流れ

求人内容によってデザイナーの担当業務は異なりますが、おおまかに次のような流れで仕事を進めます。

1~5まですべて担当することもあれば、デザインのみを担当することもあります。

会社やチームで働く場合は分業制が多いです。

 

step
1
【要件定義】要件のヒアリング、コンセプト設定など

step
2
【設計】WEBサイトの構成やレイアウトを決める

step
3
【デザイン】illustratorやPhotoshopを使ってデザインする

step
4
【コーディング】HTMLやCSSを使ってWEBサイトを組み立てる

step
5
【納品】クライアントに成果物を納品する

 

デザインはWEBサイト制作の一部にすぎません。

WEBサイトを作るには、まずクライアントの要件確認、競合分析、コンセプト設定をしてサイト設計に移ります。

クライアントの要件を満たすサイトにできなければ、いくらデザインやコーディングが上手くいっても意味がないのです。

 

要件定義・設計が終わったらいよいよデザインです。

illustratorとPhotoshopなどのツールを使いながら色、ロゴ、アイコン位置などの詳細なデザインを決めていきます。

少しのデザインの違いで印象が変わっていくため、クライアントと認識合わせをしながら作業を進めておくと後の修正が少なくて済みます。

 

最後はコーディングです。

デザイン段階ではクリックしても反応しないただの画像でしかないため、サイトを動く状態にするためにコーディングする必要があります。

 

WEBデザイナー年収

WEBデザイナーの年収は地域・就職先・働き方にかなり左右され、本人のスキルによる年収差も大きいです。

平均値は350万円前後とよく言われますが、これはパートやアルバイトも含めた金額。

正社員として働く場合の年収はおおよそ400万円~500万円です。

WEBディレクターやアートディレクターなどの上位職もできるようになると1000万近く稼げる人も。

フリーランスや副業の場合の単価は20万~80万前後と幅広く、本人のスキルや経験、営業力によって異なります。

 

主婦の在宅ワークとして働く時の時給は1200円~1500円が相場です。
コハル

 

稼げる金額は自身にスキルによるため、努力次第で年収を上げていくことができます。

 

 

WEBデザイナーはこんな人におすすめ

 

WEBデザイナーはこんな人にオススメの仕事です。

  • 好奇心旺盛で色々な業界業種の知見を広げたい人
  • ものづくりが好きな人
  • 論理的に課題解決に取り組める人
  • 柔軟な対応ができる人
  • 会社に依存しないスキルをつけたい人

 

反対に、こんな人にはオススメできません。

  • あまり向上心がない人
  • コミュニケーションが苦手な人
  • 問題解決力がない人
  • スキルをつけたいと思わない人
  • 地道な作業が苦手な人

 

特にものづくりが好きかどうかは大きいです。好きなことなら長く続くし、もっと良いモノを作れるようになろうと努力できるので、結果的に報酬がついてきます。

 

まとめ

この記事ではWEBデザイナーのメリットとデメリットを中心に、仕事内容や年収についても解説しました。

 

記事の内容をまとめると、

  • スキルをつければ未経験からチャレンジできる
  • WEBデザイナーは将来のキャリアパスが豊富
  • 時間や場所にとらわれない自由な働き方ができる
  • 自身のスキル次第で報酬が上がる
  • 勉強を継続できる人、ものづくりが好きな人におすすめ

です。

 

 

手に職をつけたいと考えている女性には、ぜひ参考にしていただきたいです。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
コハル

 

なんとなく毎日がモヤモヤする方へ

1

悩んでる人仕事が楽しいと感じなくて自分が何がしたいのかわからなくなってしまいました。何かやりたいことが見つかれば頑張れるのですが、それが見つからなくて困っています。   こんなお悩みを解決し ...

2

悩んでる人これからの時代、会社に依存しないスキルをつけたほうがいいですよね?でも、会社を辞めるのも不安だし起業とかできる自信もないし、とにかく将来が不安です。どうしたらいいか教えてください。 &nbs ...

3

悩んでる人キャリアもスキルもないまま年齢だけを重ねてしまいました。きちんとした職歴もなく、スキルもなんもないので将来に焦りと不安でいっぱいです。どうしたらいいのでしょうか?   こんなお悩み ...

-WEBスクール