副業やってみた

バイマ初心者の悩み【価格で勝てない!】を脱出する方法

バイマで売れる商品が見つからないあなたへ

悩んでる人
ライバルの価格が安すぎて、売れそうな商品が見つかりません。。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ライバルの価格が安い理由
  • 価格で勝てなくても売れる理由
  • 価格で勝てないときの対処法

 

記事の信頼性

私は今年に入ってから在宅物販をはじめました。

3か月目で3万円、6か月で月10万円の利益を達成しましたので、実際にやってみて思ったことを書いていきます。

当ブログでは、さまざまな仕事をしてきた私の目線で、悩んでいる方に本当に役立つ情報を厳選してご紹介しています。

 

今回は、バイマで「ライバルが安すぎて売れるものが見つからない!」とお困りのあなたに、

  • なんでライバルはそんなに安いの?
  • 価格で勝てないときはどうしたらいい?

をわかりやすく解説していきます。

 

「価格で勝てない」は誰でもぶち当たる悩みです。

価格で勝てないときにどうしたらいいのか詳しく説明していきますね。
コハル

 

ライバルの価格が安い理由

価格で勝てないとき「ライバルは特別な仕入れ先を使っているのでは?」と疑いたくなることってありますよね。

私も初心者のころはそう思っていましたが、トップバイヤーでも意外と初心者と同じ仕入れ先だったりするんです。

「じゃあ、なんでライバルはそんなに安く出せるの?!」を解説していきますね。

 

①VIP価格だから

VIPには2種類あって、セレクトショップのVIPと直営店のVIPがあります。

セレクトショップのVIPは誰でも交渉すれば得ることができますが、

直営店のVIPは購入価格に応じてVIPになるので今すぐ簡単にというわけにはいきません。

セールの時期に直営店VIP特別セール!などと言っているショップがあれば、それは後者のVIPということになります。

VIPになると一般価格よりも10%~50%までお安く手に入れることが出来るので、その分販売価格も安くなります。

 

②海外在住だから

海外在住のライバルのほうが、日本在住者よりも価格的に有利になります。

それにはこんな理由があります。

  • 送料が安いから
  • 関税抜きの価格で表示できるから
  • バイマ手数料が安いから

日本在住バイヤーの場合は、一度商品を自分で受け取ってからお客様に届けるため、国際送料と国内送料の2つを支払う必要がありますよね。

でも海外在住の場合は直接国際送料だけで済みます。

また、海外在住のバイヤーは関税抜きの価格で商品価格を設定することができるため、価格的に有利になります。

その理由は関税を支払う人が異なるためです。

  • 日本在住のバイヤー:関税の支払いはバイヤー
  • 海外在住のバイヤー:関税の支払いはお客様

日本在住のバイヤーが出品している商品には関税代込みの価格にする必要があるんです。

結果的にお客様が支払う関税は同じ額ですが、商品代金に関税を含まなければいけない日本在住のバイヤーは商品代が高く見えてしまいます。

最後に、日本在住のバイヤーと海外在住のバイヤーとではバイマ手数料も大きく異なり、

  • 日本在住のバイヤー:商品価格の5.4%~7.56%
  • 海外在住のバイヤー:5.4%

日本在住のバイヤーの手数料に幅があるのは、

プレミアムショッパーというバイマ公認ショッパーになると海外在住のバイヤーと同じ手数料で済むためです。

 

③関税を誤魔化しているから

本当はやったらいけないことですが、バイヤーのなかには関税を誤魔化す人がいます。

特に「関税が万が一発生した場合はバイヤーから返金いたします」と書いている人は怪しいです。。

だって、関税は万が一も何も、商品代金に応じて発生するものだからです。

きっと商品を発送するときに商品代金を誤魔化して記載しているのでしょう。。。

 

④大量仕入れをしているから

大量に仕入れをして有在庫として売っているショップは価格が安くなりやすいです。

一度に大量に仕入れることで送料を節約することができるし、

たくさん仕入れるから安くして!と仕入れ先に交渉することができますよね。

商品のトップページで「即発送」と書いてあったり、販売履歴で同じ商品ばかり売っている人がいれば、大量に有在庫で持っている可能性が高いです。

 

お客様は「安心感」をお金で買う

たしかに価格で勝てれば売れる可能性は格段に上がりますが、「勝ち目がない…」と落ち込まないでください!

価格で勝てなくても商品はちゃんと売れます。

 

普段、アマゾンや楽天で買い物をするときのことを思い出してみてください。

私はこの前ランドリーラックをアマゾンで購入したんですが、サイト内で検索したら同じような商品がずらっと並んでいました。

仕入れ先も同じで中国からの輸入。商品画像も似たり寄ったりです。。(笑)

では、その中から商品を選ぶとき、どうやって選ぶでしょうか?

おそらくまず最初に確認するのは、価格ですよね?最安値は〇〇円で、最高値だと〇〇円か・・・と。

この時に多くの人が「安く買いたい。でも安すぎるのは不安」と思っているはずです。

「すぐに壊れるんじゃないか?」「配達日数がかかるのではないか?」「アフターフォローがないのではないか?」と。

 

そして、より安心して商品を購入するために、

  • 口コミ
  • アフターフォロー
  • 商品詳細の丁寧さ
  • 配達日数

を確認するんじゃないでしょうか?

 

結果、私は最安値のショップよりも、高い価格だけど口コミのいいショップから商品を購入しまいた。

最安値のショップは商品詳細が雑で口コミも少なかったので、そこで買うのは不安だと思ったからです。

それはバイマでもまったく同じです。

バイマではハイブランドを取り扱うので、購入者はより慎重に「安心して買えるショップ」を探すんです。

 

つまり、「価格で勝てない」と言って落ち込むのはまだ早い!!!

「安心をお金で買いたい」と思うお客様がいるのですから、最安値じゃないと売れないなんてことは絶対にありません。

 

価格で勝てないときの対処法4選

価格で勝てなくても売れる理由がわかったかと思いますが、次に具体的にどうしたらいいか解説していきます。

 

①仕入れ値を下げる

「価格で勝てなくても売れる」のは間違いないのですが、最安値の商品はアクセスが集まりやすいというメリットがあります。

まずは「いくらで仕入れられたら最安値で出せるのか」をざっくりと考えてみましょう。

 

仕入れ商品価格=販売価格-(利益+バイマ手数料+カード手数料+送料+関税)で計算できます。

たとえばバッグを出したかったとして、最安値が10万円で以下の条件だった場合、

  • 販売価格=¥100.000
  • 利益=¥10.000
  • バイマ手数料=¥7.700
  • カード手数料=¥6.000
  • 送料=¥5.000
  • 関税=¥10.000

仕入れ商品価格=¥100.000-(¥10.000+¥7.700+¥6.000+¥5.000+¥10.000)

つまり、最安値出品したい場合の仕入れ商品価格は¥71.300ということになります。

 

ここまで分かればあとは仕入れ先に交渉するだけ!!!

「どうしても仕入れたい商品があるのですが、〇〇%割引してもらえませんか?」

「〇〇個購入予定なのですが、送料を無料にしてもらえませんか?」

こんな感じでメールを送ってみて、どうにか仕入れ価格が下げられないか交渉してみましょう。

日本人の感覚からしたら信じられないかもしれませんが、意外と「いいよ~」って返信がきたりして拍子抜けすることもありますよ!

 

②ライバルに勝っている部分を強調する

交渉したけどやっぱり価格では勝てない!という場合は、価格以外でライバルに勝っている部分を探して強調しましょう。

  • カラーバリエーション
  • サイズ展開
  • 配達日数

このあたりで、ライバルに勝っているところはありませんか?

もし、あなたのショップのほうがカラバリが豊富だったり、サイズ展開が多かったり、配達日数が早かったりしたら、

その強みを強調するような画像加工をしてお客様にアピールしましょう!!!

特にカラーやサイズはお客様にとって妥協できない部分になるので、この強みがあれば購入される確率が高くなります!

 

③「安心感」を与えられるよう工夫する

上記で説明したように、安すぎると不安に思う層は一定数います。

特にハイブランドとなると「安いのは偽物なのでは?」と思ってしまいますよね。

では、どうしたら安心感を与えられるのか、お客様の立場にたって考えてみましょう。

たとえば、ボッテガヴェネタのショルダーバッグ。(画像はバイマからお借りしました。)

左の商品と右の商品はどちらのほうが安心感がありますか?

左の商品は「ちゃんとしてそうなお店」だと画像で伝わるし、人が着用しているので大きさも一発でわかります。

それに対して右の用品は、お店の雰囲気も伝わってこないし、なんだか心配になります。

 

 

実際に左の商品のほうが右よりも価格が1万円も高いのに、アクセス数もお気に入り数も左の商品のほうが多く付いていました。

商品画像の他にも商品名、商品詳細などを工夫することで、ライバルよりも「安心感」を与えることができるんです。

 

④ライバルが在庫切れになるまで待つ

やれることはやり尽くしたけどそれでも売れない・・・

そんなときは無理に値下げをせずに、じっと時が来るのを待ちます。。

ライバルが在庫切れになったタイミングであなたのショップから売れるようになるんです。

そのころには需要は多いのに供給が少なくなっている確率が高いため、高くても売れる状況になっているはずです。

需要と供給のバランスを見て、逆に値上げしちゃいましょう。

仕入れ先にある在庫を買いあさって有在庫にしておくとさらにガッツリ利益を得ることができますよ。

 

まとめ:価格で勝てなくてもあきらめないで!

「価格で勝てない」はバイマ初心者なら誰でもぶち当たる悩みです。

価格で勝てないからといって、せっかくリサーチした売れる可能性が高い商品を出品しないなんてもったいないです!

記事で説明したように、価格が高くても「安心」を得るために最安値を避けて購入するお客様はいらっしゃいます。

価格で勝てないからとあきらめないで、仕入れ先と交渉したり、ライバルに勝っている部分を強調したり、

「どうやったら買ってもらえるか」と考えて試行錯誤することが大切です。

 

 

 

 

なんとなく毎日がモヤモヤする方へ

1

悩んでる人仕事が楽しいと感じなくて自分が何がしたいのかわからなくなってしまいました。何かやりたいことが見つかれば頑張れるのですが、それが見つからなくて困っています。   こんなお悩みを解決し ...

2

悩んでる人これからの時代、会社に依存しないスキルをつけたほうがいいですよね?でも、会社を辞めるのも不安だし起業とかできる自信もないし、とにかく将来が不安です。どうしたらいいか教えてください。 &nbs ...

3

悩んでる人キャリアもスキルもないまま年齢だけを重ねてしまいました。きちんとした職歴もなく、スキルもなんもないので将来に焦りと不安でいっぱいです。どうしたらいいのでしょうか?   こんなお悩み ...

-副業やってみた