WEBスクール

【WEBの仕事って?】仕事内容と必要なスキルを解説

悩んでる人
手に職をつけるためにWEBスキルをつけようと思っています。女性におすすめの職種があれば教えてください。

 

こんなお悩みを解決します。

 

この記事はこんな人におすすめ

  1. 女性におすすめのWEBの仕事が何か知りたい方
  2. どんな仕事内容なのか知りたい方
  3. どんなスキルをつけるべきか知りたい方

 

 

女性ならではのライフイベントに合わせられるよう、スキルさえあれば自由に働けるというポイントを重視して選びました。

 

この記事の結論

結論から先に言うと、

  1. 女性にはWEBデザイナー、WEBライター、WEBマーケターがおすすめです。
簡単に解説していきますね。
コハル

 

未経験の女性におすすめのWEB職種

これから学び始める未経験の女性におすすめのWEB職種は次のとおりです。

クリックすると各ページにジャンプします。

 

これらの職種は未経験からでもスキルをつければ十分に仕事が獲得できるので、

手に職をつけたいと思っている女性におすすめです。

 

エンジニアやプログラマーなどの他IT系職種よりも女性が活躍している割合が高いのもポイントです。

 

それぞれ、こんな人におすすめです。

職種 こんな人におすすめ
WEBライター 文章を書くのが好き、情報収集が好き
WEBデザイナー 新しいものが好き、細部にこだわれる
WEBマーケター ロジカルに考えられる、根気よく仮説検証できる

 

引き続き、ひとつひとつ仕事内容や必要なスキルについて解説していきますね。
コハル

 

WEBライター

ここからはWEBライターの仕事内容について解説していきます。

 

仕事内容

WEBサイト上に掲載する記事を書く仕事です。

WEBと雑誌や新聞などの紙媒体との違いは「検索上位に表示される記事を書かないと、ユーザーに記事を読まれない」ところです。

そのため、WEBライターはSEO(検索エンジン最適化)を意識した記事を書く必要があります。

記事の内容は商品紹介・ニュース・エンタメメディア・専門サイトなど幅広く、取材をすることもあります。

 

働き方

パソコン1台あれば良いため、場所にとらわれない働き方ができるのが魅力です。

  • アルバイト・パート
  • フリーランス
  • 副業

 

中途採用での正社員の求人は少なめです。フリーランスや副業を目指している方におすすめです。

 

必要なスキル

WEBライターに必要なスキルは次のとおりです。

  • ライティングスキル
  • SEOの知識

SEOとは検索エンジン最適化のことです。SEOの知識があれば、狙ったキーワードで検索順位トップを狙うことができます。

 

実績がないうちは単価が低いですが、コツコツと実績をつむことが大切です。画像編集のスキルをつけたり、専門知識を磨くことで単価アップが目指せます。

 

 

WEBデザイナー

ここからはWEBデザイナーの仕事内容について解説していきます。

 

仕事内容

クライアントの要件に合ったWEBサイトを制作する仕事です。

今は個人が簡単にサイトが作れるようになりましたが、企業サイトは商業活動のためにサイト設計を綿密にしないといけません。

そこで活躍するのがWEBデザイナーです。

デザイナーというと「センスが必要なのでは?」と思うかもしれませんが、WEBデザインの目的はアートではありません。

スタイリッシュなデザインよりもクライアントのイメージに合う配色、ユーザーが使いやすいロゴやアイコンにすることが求められます。

 

働き方

WEBデザイナーは需要が高く、働き方を選ぶことができます。

  • 正社員・派遣
  • アルバイト・パート
  • フリーランス
  • 副業

広告代理店、制作会社、IT系コンサル、インハウス(社内デザイナー)が主な就職先です。

広告代理店や制作会社、ITコンサルは色々な企業のサイト制作に関わることができ、あらゆる業界業種の知見が広がるでしょう。

インハウス(社内デザイナー)はユーザーからの反応を直接見ることができるので、デザイナーとしてのやりがいを感じやすいです。

 

正社員でも割と自由な働き方ができる求人が多いです。実際に週4勤務で働いているWEBデザイナーの友人がいます。

 

必要なスキル

WEBデザイナーになるのに必要なスキルは次のとおりです。

  • デザインの知識
  • 画像編集ツール(Photoshopやillustrator)を使うスキル

 

加えて、コーディング、ワードプレス、マーケティングなどの知識があると仕事の幅が広がります。

WEB制作はおおまかに次のような流れで仕事を進めますが、デザインだけでなく1~5すべてを担当することもあるからです。

  1. 要件のヒアリング
  2. サイト設計
  3. デザイン
  4. コーディング/プログラミング
  5. サイト公開

特にフリーランスで活動する際はすべての工程を一人で出来る人のほうが重宝されます。

 

ぜひ、学習段階でコーディング、ワードプレス、マーケティングの知識もつけておきましょう!

 

 

WEBマーケター

ここからはWEBマーケターの仕事内容について解説していきます。

 

仕事内容

WEBを活用して、ユーザーに商品を購入してもらうための活動をする仕事です。

売れるための仕組みを作ると言い換えてもいいかもしれません。

WEBマーケターの仕事内容は求人によって異なり、次のようにとても幅広いです。

  • SNSマーケティング
  • コンテンツマーケティング
  • 広告運用
  • インフルエンサーマーケティング
  • SEO対策
  • アクセス解析

 

WEBライターやWEBデザイナーの知識が求められることもあるため、キャリアアップとして目指すのもアリです。

 

最近は共感マーケティングが注目されており、もともと共感性が高い女性の需要が高まっています。

 

働き方

今後もWEB上での販売活動が増えることからWEBマーケターの需要は高いです。希少性もあるため柔軟に働き方が選べます。

  • 正社員・派遣
  • アルバイト・パート
  • フリーランス
  • 副業

 

キャリアアップとしてWEBコンサルタントも目指せます。コンサルタントになると自分の手を動かす必要がないため、少ない実働時間で大きく稼ぐことができます。

 

必要なスキル

WEBマーケターに必要なスキルは求人内容によって異なりますが、大まかに次のとおりです。

  • コミュニケーションスキル
  • SEOの知識
  • アクセス解析のスキル
  • SNS広告の知識

 

どれか一つでも専門的な知識があれば仕事を見つけやすいです。

 

WEBマーケティングを学ぶ手軽な方法は、自分自身でブログやSNSを運用してみることです。

 

まとめ

この記事では女性におすすめのWEBの仕事内容や、必要なスキルについて解説していきました。

 

内容をまとめると、

  • WEBライター、WEBデザイナー、WEBマーケターがおすすめ
  • どの職種も幅広い働き方ができる
  • 一番チャレンジしやすいのはWEBライター
  • WEBライターやWEBデザイナーからWEBマーケターにキャリアアップするのもアリ

WEB系の仕事はどの職種を選んでも関連性が高いです。

 

手に職をつけたいと考えている女性には、ぜひ参考にしていただきたいです。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
コハル

 

なんとなく毎日がモヤモヤする方へ

1

悩んでる人仕事が楽しいと感じなくて自分が何がしたいのかわからなくなってしまいました。何かやりたいことが見つかれば頑張れるのですが、それが見つからなくて困っています。   こんなお悩みを解決し ...

2

悩んでる人これからの時代、会社に依存しないスキルをつけたほうがいいですよね?でも、会社を辞めるのも不安だし起業とかできる自信もないし、とにかく将来が不安です。どうしたらいいか教えてください。 &nbs ...

3

悩んでる人キャリアもスキルもないまま年齢だけを重ねてしまいました。きちんとした職歴もなく、スキルもなんもないので将来に焦りと不安でいっぱいです。どうしたらいいのでしょうか?   こんなお悩み ...

-WEBスクール