キャリア相談

【実体験】20代 転職回数が不利にならない理由を解説

転職したいけど履歴書が汚れるのが心配だと思っている20代女性へ。

こんなお悩みはありませんか?

  • 転職回数が多いと不利って聞いたけど、それって本当?
  • 転職回数が多いってやっぱりイメージが悪いよね?

 

悩んでる人
最近また転職したくなってきたんですよね。でも転職回数が多いと不利って聞くしどうしよう。
私も転職回数が多いことを注意されたけど、実際は全然平気でしたよ。企業が採用に不安にならないような転職理由が大切なんじゃないかと思います。
コハル

 

この記事は、現職が合わなくて会社に行くのがつらいと感じているけど、転職回数が多いという理由で踏み出せない人のために書きました。

私は20代のうちに転職を繰り返してきた経験があります。

27歳の転職時にはスキルなし、資格なし、経験なしの崖っぷちでしたが、転職したことでスキルもお給料もアップさせることができました。

 

転職回数が多いのは不利なの?

企業の立場からするとお金も時間もかけて採用しているのに、すぐに辞められるととっても困りますよね。

人を雇うときには求人を掲載したりする採用費・新人の備品準備費・独り立ちさせるまでの教育費がイニシャルコストでかかってきます。

この初期投資は一般的に月額給与の2倍から3倍もかかるのに、すぐに辞められちゃうと全部パア…。

企業が転職回数が多い人を雇うのが不安になる気持ちも分かりますよね。

転職回数が多いって何回から?

では、転職回数が多いって具体的に何回からなんでしょうか?

企業の人事担当者へのアンケート調査によると、「転職回数1~2回」に対しては10%が「気にする」と回答。「3回」からは40%、「4~5回」からは28%の採用担当者が「気になる」と回答しています。一方、「気にならない」と回答した採用担当者は全体の約15%という結果になりました。

出典:リクルートエージェント 求人企業は「転職回数」を気にしている?

半数近くの企業が「3回」と回答していることから、3回以上転職していると転職回数が多いということになります。

転職回数が多い人を採用したことはある?

リクルートエージェントの調査によると、実際に採用した人の中で一番多かった転職回数は4回以上。

つまり、3回以上転職していると「多いな~不安だな~」と思うけど、不安を払拭することが出来れば採用に至る可能性は全然あるってことですね。

実際の採用実績を聞いてみたところ、4回以上の転職回数は35%が「気にする」と回答していましたが、実際の採用実績では、4回以上の転職経験者を63%が「採用したことがある」と回答

出典:リクルートエージェント 求人企業は「転職回数」を気にしている?

 

転職回数が多い人が注意すること

 

私も転職回数が多かったですが、以下を注意して企業の不安を払拭させることができれば、全然不利にならないです。

  • 志望理由を明確にする
  • 過去の転職理由を明確にする
  • キャリアの統一感を出す

上から順番に見ていきましょう。

志望理由を明確にする

職歴が複数回あると、「なんでまた転職しようとしたのか」「なんでうちの会社を志望したのか」と企業側は思うでしょう。面接官を納得させるような志望理由を考えておかないといけません。

なぜその会社に応募しようと思ったのか、なぜその職種にチャレンジしたいのか、その会社で何が貢献できるのか整理しておきましょう。なぜなぜを繰り返し考えることで自分の思考が整理されて、想いが伝わりやすくなります。

転職しようとしてる時点で現職に不満がある状態だと思うのですが、志望理由はネガティブな印象が残らないように伝えるのが大切です。

  • お給料が低い→ 努力次第で昇給していける環境で挑戦したい
  • 契約社員がツライ→責任の範囲や任せてもらえる業務に限界あり、できることが限られていることにもどかしさを感じる

のように、なるべくポジティブに聞こえるような言い回しに変えます。

大抵の不満は希望に変換できますが、どうしてもポジティブにできなければ、企業側に「そりゃあツライねえ」と納得してもらえるように具体的にどこがツライのかを伝えられるようにしましょう。

過去の転職理由を明確にする

企業はあなたの職務遍歴自体に興味があるわけではありません。またすぐに辞めちゃう人なのか、経験を活かして活躍してくれそうなのかが知りたいだけなので、複数回転職してきた理由を企業が納得するようなストーリーで話せるようにするのが大切です。

「なんとなく行動してきたから転職した理由なんて答えられない!」と思っても、ちゃんと細かく振り返ればいろんな想いがあって行動してきたことを思い出せます。

たとえ不満があって転職した職場でも、仕事をするうえであなたが大切にしてきたことや、こだわっていたことがあるはず。その中から、応募先企業に合いそうなストーリーに組み立てていきます。

はじめから企業に説明できる理由を考えようとすると筆が止まってしまうので、まずは心の赴くままにマインドマップなどにまとめていくのがオススメです。

気持ちが全部書き出せた段階で文章に組み立ててみましょう。1回目の転職のときには〇〇という思いがあって行動したけど、経験してみたら○○と感じて、○○したいと思ったので2回目の転職をして~みたいな感じ。

どうしてもつじつまが合わなかったり、そのまま言ったらマズイことは多少盛っても大丈夫です。

キャリアの統一感を出す

複数回すでに転職していると業界業種に統一感がないことも多いですよね。

「統一感を出せといっても、全然違う業務だったんだよな~」と思う人は何かしらの汎用的な経験やスキルで統一感が出していきましょう。どんなに今まで経験してきた業務がバラバラでも、業務内容を細分化してみると意外と共通点があったりします。

たとえばコミュニケーション、サポート業務、オフィススキル、折衝業務など。その中から応募先企業の業務に活かせそうなものをピックアップして、自分の強みとして話せれば、業界業種が違っても統一感を出すことができます。

 

転職回数が多い人の転職方法

私の経験上では転職回数が多い場合、圧倒的に転職エージェントを利用したほうが効率がいいです。

転職回数が多くても転職できるとはいえ、記で記載したとおり転職回数が3回以上だと気になる企業は4割です。転職サイトから普通に申し込んでも、特定の業界を除いて書類でふるいにかけられてしまう確率が高まるので、まずは面接に進むのを優先させて転職エージェントを利用することをオススメします。

転職エージェントを利用するメリットは「推薦状」があることです。

一般的に転職エージェント経由で応募すると履歴書や職務経歴書と一緒に「推薦状」が提出されるんです。これは、応募者の実績、転職理由、強みや人柄などが記載してある、いわゆるPR文になります。書類上では読み取れないパーソナルな部分も第三者の目線で伝えてくれるのが最大のメリットで、実際に会ってみないと分からないその人の魅力を伝えてくれるんです。書類上はすこし不安要素があっても、パーソナルな部分が企業の求めている人物像と合っていれば面接に呼ばれる可能性が高まります。

私が利用してよかった転職エージェントはこちらでまとめているので参考にどうぞ。

 

転職回数が多くても大丈夫。まずはやってみる

転職回数が多い人でも戦い方次第でぜんぜん転職できます。私も転職回数が多いほうですが、不利に感じたことはありません。

実際、転職回数が多いことを気にしながらも結局採用したケースも多くあります。時代の流れも急速に変わっている途中なので、もう少ししたら転職が当たり前のような風潮になるかもしれません!

どうなるのか読めない現代だからこそ、自分が転職したければ挑戦してみるのがいいと思います。

 

なんとなく毎日がモヤモヤする方へ

1

悩んでる人仕事が楽しいと感じなくて自分が何がしたいのかわからなくなってしまいました。何かやりたいことが見つかれば頑張れるのですが、それが見つからなくて困っています。   こんなお悩みを解決し ...

2

悩んでる人これからの時代、会社に依存しないスキルをつけたほうがいいですよね?でも、会社を辞めるのも不安だし起業とかできる自信もないし、とにかく将来が不安です。どうしたらいいか教えてください。 &nbs ...

3

悩んでる人キャリアもスキルもないまま年齢だけを重ねてしまいました。きちんとした職歴もなく、スキルもなんもないので将来に焦りと不安でいっぱいです。どうしたらいいのでしょうか?   こんなお悩み ...

-キャリア相談